投資信託って?

これから学ぼう投資信託

投資信託の基礎知識

資産運用のための金融商品には様々なものがあります。
株式た債券への投資、外貨であればFXなども代表的な金融商品です。
また、CFDや先物取引など個人で出来るものも数多くあります。

 

 

そんな数ある資産運用の中で初めて取り組む方に向いているのがファンドこと投資信託です。
この金融商品が初めての方に向いている理由としては選びやすさとリスク分散などがあります。
株式投資を例にとると銘柄の数は多く、まとまった資金も必要です。
しかし、ファンドであれば、投資テーマに基づいたグループで購入することになります。
初めから何十・何百という銘柄を一度に保有することができ、リスクの分散にも役立ちます。
運用はファンドマネージャーが行い、月々5000円や1万円と少額から始められ、積み立てることもできます。

 

 

利益の出る個別銘柄を見つけ出すことは、投資の方でもなかなか難しいものです。
ファンドも元本保証はなく、リスクがつきものですが、個別銘柄のような1点にリスクが掛かることはありません。

 

 

運用方針に基づき、あらかじめリスク分散を商品化している点も大きな特徴です。
いくつもの個別銘柄を購入することは多額の資金を必要としますが、共同でお金を出し合って、利益を分配する点にファンドの特性があり、選びやすさやリスクヘッジの面で初めての方に向いています。