投資信託って?

これから学ぼう投資信託

2014年4月 のエントリー


評価の利用方法

2014年4月23日 - 16:21 | 投稿者 って!

投資信託は多くの種類が販売されているため、どの金融商品を選んだらいいのかは迷うところです。そこで、投資信託の評価を専門に行っている格付け機関の結果を参考にするのも一つの手段となってきます。

格付け機関では、様々な角度から投資信託の動向を調べることで、投資に値するかどうかを星印の数やアルファベットなどで表記しています。

星の数が多いような投資信託というのは、長年に渡って同種のファンドのパフォーマンスを上回ってきた実績を残してきているものが多く、安心して購入することが可能となっています。投資信託の格付けというのは、設定から3年程度の期間が経過したものが対象となっている点にも注意したいです。
設定後間もない投資信託は、まだデータ不足のために格付けができない状況が出てきます。そのため、投資信託においては数年程度の運用期間が経過するのを待ってから、格付けデータを元にして購入するかどうかを決めると良いです。

なお、格付け機関では投資信託の種類別に年間のパフォーマンスの1番良かったものを表彰することを行っています。しかし、年間でパフォーマンスが1番良かったファンドは、次の年度は下位のパフォーマンスになることが多いです。したがって、年間で賞を取ったファンドを安易に購入することは避けたいところです。

カテゴリー 未分類 | 評価の利用方法 はコメントを受け付けていません。

投資信託のパフォーマンス評価とは

2014年4月23日 - 16:21 | 投稿者 って!

投資信託のパフォーマンス評価は1997年4月から投資信託協会によって行われている特定の評価機関に対しての投資信託のデータ提供のことで、各評価機関においてはこのデータを参考にして個々の投資ファンドにおける運用実績に対する評価を行っています。

投資信託などのファンドの分類や評価の方法などに関しては、それぞれの評価機関によって異なっていて、数字や星印などのマークを使用して、5段階評価している機関が多く見受けられます。この評価のデータは過去の実績に基づいて作られたものなので、将来的な運用実績を単純に予想しているものではないことに注意をする必要があり、現在の評価が将来的にも持続する保証はありません。また投資ファンドの評価に関してもそれぞれの評価機関によって分類の方法が異なっていたり、星印の数が違う場合があります。

評価機関のデータのみに基づいてファンドを単純に比較することはできませんが、各社の分類方法や評価の仕方などを確認して特定の評価機関を選択することによって、正確な情報を得ることができます。評価機関を選択する時のポイントとしては分かりやすい形でデータが提供されているかや、自分にとって分かりやすいかどうか、星印などの数が極端に変化せずに、一貫性が保持されているかどうかなどです。

カテゴリー 未分類 | 投資信託のパフォーマンス評価とは はコメントを受け付けていません。

投資信託の評価機関

2014年4月23日 - 16:20 | 投稿者 って!

「投資信託の評価機関」とは、投資信託の運用実績(パフォーマンス)を客観的に評価し、その情報を広く公表している機関のことです。

株式や債券、金融派生商品、不動産などを運用する投資信託にはひじょうに多くの銘柄が存在し、個人で運用実績や今後の見込みを推定するには困難がありますし、また、運用会社や販売会社から提供される情報のみでは、その内容に偏りが生じるおそれがあります。

このため、運用会社・販売会社とは独立した第三者の視点から、これらの機関が数ある投資信託を投資の対象や運用方法によって分類したのち、中長期的なスパンで見た損益の状況や値上がり率・値下がり率などの変動幅などを詳細に分析し、星の数などでわかりやすくランキングしています。一般には1つ星から5つ星までのランクを設け、星の数が多いほど優良と評価されます。
これらの機関が公表している情報は、それぞれの機関が発行する冊子のほか、投資信託協会のウェブサイトに記載されたリンクからもインターネット上で見ることができます。

ただし、こうした評価情報を利用するにあたっては、分析はあくまでも過去のデータによるものであり、将来の見通しが必ず正しいとはいえないことに加え、それぞれの機関によって評価の基準が異なるため、星の数だけで単純比較はできないことに留意する必要があります。

カテゴリー 未分類 | 投資信託の評価機関 はコメントを受け付けていません。

リスクとリターンの分類

2014年4月23日 - 16:20 | 投稿者 って!

投資信託では株式を投資対象とした商品なのか、債券を投資対象として商品なのかでリスクとリターンの分類がなされています。

企業の株式を投資対象とした投資信託は基準価格が下落する可能性も高くなっていますが、将来のリターンも大きくなる可能性があります。
株式型の投資信託においては、先進国に投資をするタイプと新興国に投資をするタイプの2つに分けることができます。

この2つでは先進国に投資するタイプよりも、新興国へ投資するタイプの方がリスキーとなっています。株式とは逆に債券を投資対象とした投資信託は基準価格が大きく下落する可能性は少ないですが、将来の見返りも少なくなっている特徴があります。
また、証券会社では株式型と債券型の間の分類として、バランス型の投資信託を販売しているところも多なっています。バランス型の投資信託は、株式と債券の比率を半分半分などにコントロールしている金融商品です。そのため、バランス型の金融商品を購入すれば、株式型と債券型の両方に投資をする必要がなくなっています。

バランス型の投資信託には、株式や債券の他に不動産やコモディティーが組み込まれている商品もあり、ライフステージに合わせて選ぶことが可能です。

カテゴリー 未分類 | リスクとリターンの分類 はコメントを受け付けていません。

リスクとリターンとは

2014年4月23日 - 16:19 | 投稿者 って!

預貯金ではあらかじめ利回りは決まっています。
しかし、投資の場合は利回りは一定ではなく、値上がり率は変動します。
時期によって値上がり率は大きくなったり、逆に小さくなったり、また値下がりすることがあります。

値動きは波のように行き来していますが、この中間点とも言えるのが平均値であり、その平均的な値上がり率のことをリターンと呼んでいます。
決して利益を指すものでない点に注意が必要です。
実質的な価格はこの値動きの幅の上下を示しているものですが、この変動の大きさこそがリスクと呼ばれるものです。

これも単に値下がり率や損失を示しているものではありません。
言わば、変動の幅の大きさを指しているとみれば良いでしょう。
この変動の幅が大きい時、将来の価格は大きくズレる可能性もはらんでいます。
資産運用のポイントは価格の変動の幅を捉えて、効率的にリターンを追求する点にあります。
投資ではひとつのカゴに卵をもってはいけないという諺があります。
これは分散投資の原則で単一の商品を一度に運用することで価格の大きな変動を受けやすくなるということです。

また、投資期間についても短期であるほど変動幅が大きくなり、長くなるほど小さくなります。
資産運用の目標である利益を見極めるためにも、こうした投資の本質をみる必要があります。

カテゴリー 未分類 | リスクとリターンとは はコメントを受け付けていません。

投資信託の「リスク度」を測る基準

2014年4月23日 - 16:18 | 投稿者 って!

投資信託は値動きのある債券に投資するものですからリターンもありますが、リスクもあります。 一般的にリスクがある商品ほど、リターンが大きいと言われています。 リスクを少なく、リターンを大きくすることは不可能といわれています。 それでも、個々の金融商品にどの程度のリスク度があるのかは知りたいところです。

過去の投資から、リスクとリターンを分析していく方法があるかと思いますが、投資家の許容度にもよりますし、はっきりとした基準は無いというのが実情のようです。 投資家は大きなリターンを求めますが、その代償としてリスクを支払わなければなりませんが、リスクをどの程度なら受け入れることが出来るのかということです。

当然、個々の投資家にもよるでしょうし、投資家が置かれている状況によって、また違ってくるケースもあります。 リスク許容度は資産形成に欠かせないものです 収入の無い年金生活者は、リスクのある商品に手を出すことが出来ませんので、リスク許容度は低いといえますし,現在収入が大きく資産もある投資家は思い切って勝負をすることが出来ますので、許容度は高いといえます。 許容度が低い投資家が、資産形成をなすには、リスクの低い商品を確保したうえで、リターンが高い商品等を組み合わせる分散投資をすることです。

 

カテゴリー 未分類 | 投資信託の「リスク度」を測る基準 はコメントを受け付けていません。

購入した後も運用状況をチェック

2014年4月23日 - 16:18 | 投稿者 って!

投資信託への投資では、長期の運用が基本となります。
しかし、金融市場というのは日々局面が動いていることから、投資信託を購入した後も運用状況をチェックしていくことが必要となってきます。

投資信託は過去の実績に基づいて買うことを決めることになりますが、実際に買った後は思惑と違う値動きになることが起こってきます。

当初の思惑と違った投資信託というのは、早めに売却に踏み切った方が良い結果になることが多いです。
また、世界の景気動向が変化してきた時には投資信託の種類を変えることも必要となってきます。
景気減速がみられる場合には、株式型の投資信託を債券型の投資信託に切り替えていく対応も出てきます。

ここ数年の運用状況が良かった投資信託では、一時的な景気鈍化で基準価格が下がってきた時には追加投資を行うことも選択肢となってきます。
一時的な景気鈍化であれば、景気が戻った時に追加投資をしている分に利が乗ってくることが期待できます。

逆に世界経済が過熱気味になってきた状況が出てきた場合には、株式型の投資信託などは一部を売却しておくことも選択肢となってきます。
さらに投資信託においては、運用成績が低迷しているものは運用資金がだんだんと減っていき、ついには強制的に償還されるものもあるので注意が必要となります。

カテゴリー 未分類 | 購入した後も運用状況をチェック はコメントを受け付けていません。

手数料等のコストを確認

2014年4月23日 - 16:17 | 投稿者 って!

株式投資に興味を持たれている方は多くいらっしゃるかもしれません。 特に最近大きく報道されているNISA口座の開設スタートは大きな後押しとなっていることでしょう。

NISA口座の大きな特徴として非課税というキーワードがあります。 売買益や配当益に課税される税金は個人投資家にとっては大きな「コスト」の一つと言えるでしょう。

それでは投資に関わるコストについて整理してみましょう。

まずは株式/投資信託を購入時に必要な購入手数料です。 対面型の証券会社を通じて株式を購入すると比較的割高なコミッションが必用となってしまいます。 一方インターネット専門の口座を開設した場合は全て自己責任での判断が必用ですので注意が必要です。

次に税金については、通常の口座であれば売買益及び配当益に対して20.315%の税金が課されます。 しかしNISA口座については年間100万円までの投資については以降5年間非課税となります。

投資信託を購入した場合に信託報酬がかかります。 アクティブファンドを選択した場合はより高いリターンを期待する半面、年間1%を超える信託報酬がかかるものがあります。 インデックスファンドは株価指数と連動しているものが多いのでボラティリティが低く信託報酬が低いのが特徴です。

 

カテゴリー 未分類 | 手数料等のコストを確認 はコメントを受け付けていません。

投資信託の選び方

2014年4月23日 - 16:16 | 投稿者 って!

投資信託の数は多く、投資対象や銘柄によっても異なります。
例えば、投資対象で言えば、国内と海外があります。
加えて海外の中でも安定した先進国を中心したものや成長が著しい新興国への投資もあります。
また、銘柄で言えば、株式や債券などがあり、株式の中でも成長企業やマーケットを対象にしたものがあります。

選び方としては先ず、リスク分散をどう図るか、そして1点に集中しないことです。
リスク分散では成長の著しい国で構成されたものはハイリターンも望めますが、リスクも高めです。

株式はマーケットを敏感に映すもので、債券と比べてもリスクは高めで、債券自体もどこの地域・国を投資対象にしているかで、リスクは変わってきます。
こうしたリスクの度合いを選び方の中心に置くこともポイントです。
購入に関しても一度に購入しないことが大切です。
ファンドも日々価格が変動しています。

投資の基本としては安い時に購入し、高い価格の時に売ることですから、価格変動を捉えて定期的に買い増すことも運用では大事です。
投資というのは金融商品が本来もっているリターンを捉え、長期で保有することです。
市場のタイミングを狙う投機とは本質的に違うものであり、ファンドの運用はそうした長期保有を前提にする商品です。

カテゴリー 未分類 | 投資信託の選び方 はコメントを受け付けていません。