投資信託って?

これから学ぼう投資信託

評価の利用方法

投稿日 2014年4月23日 4:21 PM | 投稿者 って!

投資信託は多くの種類が販売されているため、どの金融商品を選んだらいいのかは迷うところです。そこで、投資信託の評価を専門に行っている格付け機関の結果を参考にするのも一つの手段となってきます。

格付け機関では、様々な角度から投資信託の動向を調べることで、投資に値するかどうかを星印の数やアルファベットなどで表記しています。

星の数が多いような投資信託というのは、長年に渡って同種のファンドのパフォーマンスを上回ってきた実績を残してきているものが多く、安心して購入することが可能となっています。投資信託の格付けというのは、設定から3年程度の期間が経過したものが対象となっている点にも注意したいです。
設定後間もない投資信託は、まだデータ不足のために格付けができない状況が出てきます。そのため、投資信託においては数年程度の運用期間が経過するのを待ってから、格付けデータを元にして購入するかどうかを決めると良いです。

なお、格付け機関では投資信託の種類別に年間のパフォーマンスの1番良かったものを表彰することを行っています。しかし、年間でパフォーマンスが1番良かったファンドは、次の年度は下位のパフォーマンスになることが多いです。したがって、年間で賞を取ったファンドを安易に購入することは避けたいところです。

コメントを受け付けておりません。