投資信託って?

これから学ぼう投資信託

リスクとリターンの分類

投稿日 2014年4月23日 4:20 PM | 投稿者 って!

投資信託では株式を投資対象とした商品なのか、債券を投資対象として商品なのかでリスクとリターンの分類がなされています。

企業の株式を投資対象とした投資信託は基準価格が下落する可能性も高くなっていますが、将来のリターンも大きくなる可能性があります。
株式型の投資信託においては、先進国に投資をするタイプと新興国に投資をするタイプの2つに分けることができます。

この2つでは先進国に投資するタイプよりも、新興国へ投資するタイプの方がリスキーとなっています。株式とは逆に債券を投資対象とした投資信託は基準価格が大きく下落する可能性は少ないですが、将来の見返りも少なくなっている特徴があります。
また、証券会社では株式型と債券型の間の分類として、バランス型の投資信託を販売しているところも多なっています。バランス型の投資信託は、株式と債券の比率を半分半分などにコントロールしている金融商品です。そのため、バランス型の金融商品を購入すれば、株式型と債券型の両方に投資をする必要がなくなっています。

バランス型の投資信託には、株式や債券の他に不動産やコモディティーが組み込まれている商品もあり、ライフステージに合わせて選ぶことが可能です。

コメントを受け付けておりません。