投資信託って?

これから学ぼう投資信託

リスクとリターンとは

投稿日 2014年4月23日 4:19 PM | 投稿者 って!

預貯金ではあらかじめ利回りは決まっています。
しかし、投資の場合は利回りは一定ではなく、値上がり率は変動します。
時期によって値上がり率は大きくなったり、逆に小さくなったり、また値下がりすることがあります。

値動きは波のように行き来していますが、この中間点とも言えるのが平均値であり、その平均的な値上がり率のことをリターンと呼んでいます。
決して利益を指すものでない点に注意が必要です。
実質的な価格はこの値動きの幅の上下を示しているものですが、この変動の大きさこそがリスクと呼ばれるものです。

これも単に値下がり率や損失を示しているものではありません。
言わば、変動の幅の大きさを指しているとみれば良いでしょう。
この変動の幅が大きい時、将来の価格は大きくズレる可能性もはらんでいます。
資産運用のポイントは価格の変動の幅を捉えて、効率的にリターンを追求する点にあります。
投資ではひとつのカゴに卵をもってはいけないという諺があります。
これは分散投資の原則で単一の商品を一度に運用することで価格の大きな変動を受けやすくなるということです。

また、投資期間についても短期であるほど変動幅が大きくなり、長くなるほど小さくなります。
資産運用の目標である利益を見極めるためにも、こうした投資の本質をみる必要があります。

コメントを受け付けておりません。