投資信託って?

これから学ぼう投資信託

投資信託の選び方

投稿日 2014年4月23日 4:16 PM | 投稿者 って!

投資信託の数は多く、投資対象や銘柄によっても異なります。
例えば、投資対象で言えば、国内と海外があります。
加えて海外の中でも安定した先進国を中心したものや成長が著しい新興国への投資もあります。
また、銘柄で言えば、株式や債券などがあり、株式の中でも成長企業やマーケットを対象にしたものがあります。

選び方としては先ず、リスク分散をどう図るか、そして1点に集中しないことです。
リスク分散では成長の著しい国で構成されたものはハイリターンも望めますが、リスクも高めです。

株式はマーケットを敏感に映すもので、債券と比べてもリスクは高めで、債券自体もどこの地域・国を投資対象にしているかで、リスクは変わってきます。
こうしたリスクの度合いを選び方の中心に置くこともポイントです。
購入に関しても一度に購入しないことが大切です。
ファンドも日々価格が変動しています。

投資の基本としては安い時に購入し、高い価格の時に売ることですから、価格変動を捉えて定期的に買い増すことも運用では大事です。
投資というのは金融商品が本来もっているリターンを捉え、長期で保有することです。
市場のタイミングを狙う投機とは本質的に違うものであり、ファンドの運用はそうした長期保有を前提にする商品です。

コメントを受け付けておりません。