投資信託って?

これから学ぼう投資信託

投資信託の「リスク度」を測る基準

投稿日 2014年4月23日 4:18 PM | 投稿者 って!

投資信託は値動きのある債券に投資するものですからリターンもありますが、リスクもあります。 一般的にリスクがある商品ほど、リターンが大きいと言われています。 リスクを少なく、リターンを大きくすることは不可能といわれています。 それでも、個々の金融商品にどの程度のリスク度があるのかは知りたいところです。

過去の投資から、リスクとリターンを分析していく方法があるかと思いますが、投資家の許容度にもよりますし、はっきりとした基準は無いというのが実情のようです。 投資家は大きなリターンを求めますが、その代償としてリスクを支払わなければなりませんが、リスクをどの程度なら受け入れることが出来るのかということです。

当然、個々の投資家にもよるでしょうし、投資家が置かれている状況によって、また違ってくるケースもあります。 リスク許容度は資産形成に欠かせないものです 収入の無い年金生活者は、リスクのある商品に手を出すことが出来ませんので、リスク許容度は低いといえますし,現在収入が大きく資産もある投資家は思い切って勝負をすることが出来ますので、許容度は高いといえます。 許容度が低い投資家が、資産形成をなすには、リスクの低い商品を確保したうえで、リターンが高い商品等を組み合わせる分散投資をすることです。

 

コメントを受け付けておりません。